太陽の光燦々と、自然農の実践 blog

2015年春から神戸市北区道場町生野の風キャビン農園で自然農を始めました

カテゴリ: 夙川公園の桜 2015年

2015_0327_135639-P10006742015_0327_135740-P10006762015_0327_135556-P1000673

昨日と同じ桜の木です。
昨日は1輪だけ開花していたのに、
今日はその隣の芽も開花していました。
2015_0327_135706-P10006752015_0327_142331-P1000683

でも、この花の周りや木全体を撮ってみると、
このような感じで、まだ蕾だらけ。



2015_0327_140005-P10006772015_0327_140126-P10006782015_0327_141853-P1000682

他の桜の木は、こんなに咲いたのもありました。
木1本、1本、咲き方に差があるのですね。

2015_0327_140901-P1000680

かと思うと、全く青い蕾のままの木もあります。
ちなみに、「気象庁が定義する桜の開花とは、
花が5~6輪咲いた状態のことである。」
    *コトバンクより引用
これって開花宣言になるのかなあ ?
素人には判断できません。
明日から一気に暖かくなるそうなので、
どんどん花を咲かせ、満開は間もなくだと期待します。
満開は、4月3日との予想が、
「日本気象のお天気ナビゲーター」サイトにありました。
2015_0327_140325-P1000679

ソメイヨシノのことを調べてみました。
「ソメイヨシノ( 染井吉野 ) とはそれぞれ日本原産種のエドヒガン系の桜と
オオシマザクラの交配で生まれたと考えられる。
すべてのソメイヨシノは元をたどればかなり限られた数の原木につながり、
それらのクローンといえる。」
                  *ウィキペディアより引用
先日テレビで説明していました。
オオシマザクラの茎根にソメイヨシノの枝を接ぎ木して育てたのだと。一つのソメイヨシノから枝を切って接ぎ木することを繰り返したから、日本中にこれだけソメイヨシノが増えたのだと。つまり日本全国どこでも、同じソメイヨシノを見ているのだと。ソメイヨシノの子孫が増えたのではなく、みんな同じソメイヨシノだったのですね。なんや、不思議やなあ !
2015_0327_134548-P10006692015_0327_141026-P1000681

花見の時期が迫ったので、公園の遊具や桜の木を柵で囲ったり、
注意看板がかけられたりと、準備が始まっています。
最近花見客がとても増えたからです。
マナーを守って、互いに花見を楽しみたいものですね。
西宮市のHPには、
・出店禁止
・宴会は花見期間中は禁止していないが、4月13日(月)以降は禁止されている。
・夜間花見(18:00~翌朝)は、夙川駅から大井手地橋の間は禁止されています。通行のみは可。
・バーベキューやコンロなどの火器使用禁止。
・ブルーシートやロープなどによる場所取り禁止。
とあります。詳しくはHPをご覧ください。

2015_0326_171113-P10006652015_0326_171330-P10006672015_0326_171243-P1000666

3月26日 木

昨日と同じ場所で
同じ桜の木を定点観察。

桜の花びらは、昨日よりちょっとだけ頭を出しました。
一つだけ花が咲いていました。
寒いやら暖かいやら気温が定まらない中、
桜の芽はどんどん開花に向けて成長を続けています。

●鍼灸師雑感
  春先は、季節の変わり目。
陰の冬モードから、陽の春モードへの転換期。
その変化を受けて、人間の体も変化します。
冬の寒さを堪えて固まっていた身体が、
春の暖かさに向けてどんどん緩まっていくのです。
しかし、普段から体をあまり動かさず、
あちこち関節や筋肉が硬く、なかなか体が緩まらない人は、
さまざまな症状が出てきがちです。

  体はあえて柔らかくしようとして、
風邪をひいて発熱し、その熱で体を温めて緩めようとしたり、
咳やくしゃみを出すことで、肋骨や背骨、骨盤に振動を加え、
上半身から全身を緩めようとします。
体は季節に合わせた健康を保とうと、
いろいろな症状をあえて出すのです。
  ご本人にとっては困った症状かも知れませんが、
これは、体に備わった自然治癒能力が正常に働いている証拠なので、
本当はとてもありがたいことなのです。

  ご興味のある方は、
『風邪の効用』 著者 野口晴哉 ちくま文庫
をどうぞお読みください。
整体法創始者の代表作です。
私の鍼灸専門学校の学生時代に、
東洋医学の考え方の学びにとても役に立ちました。

2015_0325_153648-P10006602015_0325_153807-P1000661

3月25日 水

桜前線がそろそろ阪神間にも近づいています。
夙川の桜はどうなのでしょう ?
蕾が膨らみ、花びらが顔をのぞかせていますが、
開花までにはもう少し時間がかかりそうですね。
天気予報では27日(金)から急に暖かくなるそうですが、
それで一気に咲いてくれるでしょうか ?

風で枝が揺れていたので、写真がぶれていてすみません。

  夙川公園には1660本の桜が植わっていて、
ソメイヨシノ、ヤマザクラ、オオシマザクラ、、カンザン、フゲンソウ、
他15種類あるそうです。

  夙川の桜は、「日本さくら名所100選」に選ばれているそうです。
近場に住んでいたのに、つい最近まで知りませんでした。
学生時代から、夙川の桜にお目にかかっていたのに、
桜を愛でるより、出店のたこ焼きやイカ焼きなどを楽しみ、
仲間と酒を交わすことに溺れていました。
ただし、平成24年から出店は禁止されました。

  今年の見頃は、3月下旬~4月上旬だそうです。
ビニルを敷いての宴会は楽しめます。
近くに駐車場はなく、近隣の道路も駐禁なので、どうぞ電車でお越しください。
第49回西宮さくら祭りは、4月4日(土)、5日(日)に開催される予定です。

  自然農の畑に触れることで、
四季の変化や二十四節気などに興味が湧き、
桜の開花が気になるようになりました。
桜の様子を満開になるまで追っていこうと思います。

↑このページのトップヘ