太陽の光燦々と、自然農の実践 blog

2015年春から神戸市北区道場町生野の風キャビン農園で自然農を始めました

カテゴリ: ささやき村農園

6月29日 月

最近昼からの日射がきつくなってきたので、
今日から朝9時半からの作業開始となりました。
この日は枝豆の苗の定植です。

この苗を定植する畑の土は粘土質がきつく、
なかなか思うように野菜が育たないそうです。
慣行農法なら、トラクターなどで土を切り返し、
堆肥などをすきこむことで簡単に土壌改良できるのでしょうが、
そうしてしまうと、上と下の土が入れ混じり、微生物などの
働きが落ちて、自然農の良さが失われることになってしまいます。

こちらのささやき村農園のお二人は、自然農の良さを確信して、
苦節6年、毎年枯れた草を表土に積らせ、
今年はトウモロコシを植え、土に1m以上深く根が張ることで
土の中深くまでの土壌改良が行き渡ることを狙っておられるそうです。
すさまじい忍耐と努力、工夫ですね !
自然農のど根性、ここにあり !
頭が下がります。

表土の上に積もった枯れ草や柔らかくなった土が、
1㎝ほどの厚みになっていました。
うーん、6年間でたった1㎝か!
いや、6年間で1㎝のいい土が、自然の力でできあがったのです。
ありがたいことです。
自然の力だけでいい土に育ちつつあります。

でも、なんでもっといい土質の畑を借りれないのかなぁ ?

単純な疑問ですが、考えてみれば、
いい土質の畑を農家の方が手放すはずがないですよね。
貸していただくとすれば、それより土質が落ちる畑になる。
これが現実なんだなあと、考え込んでしまいました。

いい野菜を作るには、まず土が命。
この畑の周辺の、他の農家の田畑の土も同じように粘土質なので、
いい土になるよう農家の方が長年あれこれ努力されているのですから、
やっといい土になった畑を手放すはずがありません。
貸してくださるとしたら、やはり少し土質が落ちる畑になるのでしょう。
それでも貸してくだされば、ありがたいことです。

穴を掘って苗の根部を差し込み、穴の周りの
この1㎝の土を削って穴を埋めます。
栄養たっぷりの土とともに、この篤い篤い思いを受けて、
枝豆よ、しっかり育ってください !



5月18日 月 その2

今日はナスの苗の定植です。
ささやき村農園の6年目の自然農の畝は、
草の根の張りかたが年季が入っていて、
定植用の穴を掘るのには、
鎌で草の根を切る、太い古株を引き抜く、土を細かく砕くと、
作業に力がかなり必要でした。

ここまで畝が草だらけになっていると、なぜか安心感を覚えます。
反対に、草が生えていない畝を見ると、
何か裸ん坊の土のようで、寒そうに感じます。

やっぱり草が土を守っているようです。、
太陽のきつい日差しから表土を守り、土の湿度を守る。
湿度が、土の中に住む微生物の存在を守る。
微生物が、土の中の根や虫の糞や死骸を分解し栄養分に変える。
目には見えない、微生物の世界が展開されています。
目には見えないだけで、素晴らしい宇宙があるように思います。
草はまるで土の皮膚のようです。

草だらけの畑に何度も触れることで、
自然農の世界が少しずつ自分の体と心にしみ込んできます。
毎日草の生える畑に接することが体験や学びを深めてくれる。
ありがたいことです。
2015_0519_052124-P1000824

帰りにナスの苗を
いただきました。
左上:久留米ナス 右上:リスターデガンシア
左下:早生真黒ナス 右下:青ナス




2015_0519_054424-P1000825

そして、そして、
春の野菜をやっといただく
ことができました。
端境期が過ぎて、
やっと自然農の野菜を
食べることができます。
めっちゃ嬉しいです !!!
早速料理していただきましょう !

上左から のらぼう菜、小松菜、二十日大根、さやえんどう
下左から 水菜、チシャ、スナップエンドウ、丹波の黒豆

5月11日(月)に、久々にささやき村農園のお手伝いに行ってきました。

3月は私の腰痛のため、
4月は私の風キャビン農園の畑の畝立てに専念するため、
しばらくささやき村に来ることができませんでした。
久しぶりにお会いする、私の自然農の師匠のお二人の御顔は
とても輝かしかったです。

この日は、いろいろと作業をお手伝いしました。
ところが、一つ目の畑でやったことを全く思い出すことができないのです。
私はたいてい、物事を映像で記憶していることが多いのですが、
1時間ほどあれこれ試しても、その映像が全く出てこないのです。
お手伝いのあと帰宅して、かなりショックなことがあったので、
そのショックのせいで記憶が飛んでしまったのでしょうか ?
こんなことは初めてです。
せっかく私のために、師匠がいろいろ考えて体験させていただいているのに、
全く記憶がないなんて、本当に申し訳ないことです。すみません。

二つ目は、発芽後2週間のチシャの苗の周りに、補いを播きました。
米ぬかと油粕を2:1の割合で混ぜたものです。
川口由一さんは、1:1の割合でされているそうですが、
2:1の割合は、師匠がこの畑の土の様子を見て、考えられたとのこと。
土の具合に応じて、対応するのですね。
畝の上の枯れた草の上に播いたあと、手で押さえて土にかぶるようにします。

三つ目は、トマトの苗の移植。
土を掘って、苗を横に傾けて土をかぶせます。
横に傾けることで、下の方の茎からも根が生え、
栄養吸収がよくなるとのこと。素晴らしい工夫です。
150511_153510

四つ目はニンジンの間引き。
条蒔きして発芽したニンジンの、
初めての間引きです。
混み合っている中から、
丈夫な苗を残していきます。

しゃがんだまま、ハサミを細かく入れていくのは、
結構忍耐の要る作業です。
私は何度も腰を伸ばして、
腰のだるさを緩めてやらなければなりませんでした。
上の写真は私が間引いたあとの様子。
下のは、師匠が間引いた様子。
ど素人とプロの差は歴然です。
150511_153447







150511_163215150511_163339

ささやき村農園
私がお世話になっている
師匠のお二人です。
ニンジンの間引きをしながら、
スナップ写真。
シンガーソングファーマーとして
自然農に打ち込みながら、
ライブ活動もされています。

数日前にご主人が足を
怪我されたとのことだったので、
鍼治療をさせていただきました。
怪我の周囲の血行を促し、
畑の作業による全身疲労と、
足腰や背中の凝りを緩めました。
2015_0512_205450-P1000810

帰りにトマトの苗を7本いただきました。
アロイトマトと
チャドウィックチェリートマトです。
しっかりした茎と葉の元気な苗です。
いただくことができて、めっちゃ嬉しいです。
台風が通過したので、
明日か明後日、畑に移植します。

150323月・発芽用土準備1

3月23日 月
  久しぶりにささやき村農園を訪れました。
今日は、種播き用の土の準備です。
自然農の畑の土をふるいにかけて、細かな土に揃えました。
土の中の微生物が死滅しないように、ちょっと湿ったままの土を
ふるいにかけます。ここまで、気を遣うのですね。勉強になります。
今日は用事があったので、
種播きまではお手伝いすることができませんでした。

150323月・踏み込み式温床1

  昨年中のお手伝いは、近くの道路で枯葉を拾うことでした。
踏み込み式温床作りのために、枯葉が大量に必要だったのです。
その枯葉を敷き詰めて、3月21日、22日に、
米ぬかや油かす、水などを混ぜて、足で踏み固めたそうです。
この上に、育苗トレーを載せて適切温度を保持し、育苗を促進します。
すでに自然発酵が進んで、表面が温かかった。凄い !
微生物の発酵の働きで、熱が出てくる。
もちろん、酒や醤油、納豆なども発酵の成果ですよね。
いつかは、このような発酵の食品作りにもチャレンジしてみたいものです。

150323月・踏み込み式温床2

  温床に差した温度計は40度だそうです。
いい湯加減の風呂と同じですね。
自分が浸かってみたいものです。
もっと奥は70度ぐらいになるそうです。
すごい発熱ですね。




150323月・菜の花150323月・のらぼう菜

今日いただいた自然農の野菜 :

左が菜の花、右がのらぼう菜






150323月・丹波黒大豆、赤大豆、鞍掛豆、あおばた豆

丹波の黒大豆、赤大豆、鞍掛豆、あおばた大豆








  どれも美味しそうです。
早速料理してみましょう !

  ささやき村農園のリンク先です。
http://www.facebook.com/sasayalkimuranouenn/
http://blog.livedoor.jp/ohanabatakeheads/
どうぞご覧ください。
自然農の野菜を丹精込めて作られ、販売もされています。
フォークシンガーとしての活動もされています。














↑このページのトップヘ