5月11日(月)に、久々にささやき村農園のお手伝いに行ってきました。

3月は私の腰痛のため、
4月は私の風キャビン農園の畑の畝立てに専念するため、
しばらくささやき村に来ることができませんでした。
久しぶりにお会いする、私の自然農の師匠のお二人の御顔は
とても輝かしかったです。

この日は、いろいろと作業をお手伝いしました。
ところが、一つ目の畑でやったことを全く思い出すことができないのです。
私はたいてい、物事を映像で記憶していることが多いのですが、
1時間ほどあれこれ試しても、その映像が全く出てこないのです。
お手伝いのあと帰宅して、かなりショックなことがあったので、
そのショックのせいで記憶が飛んでしまったのでしょうか ?
こんなことは初めてです。
せっかく私のために、師匠がいろいろ考えて体験させていただいているのに、
全く記憶がないなんて、本当に申し訳ないことです。すみません。

二つ目は、発芽後2週間のチシャの苗の周りに、補いを播きました。
米ぬかと油粕を2:1の割合で混ぜたものです。
川口由一さんは、1:1の割合でされているそうですが、
2:1の割合は、師匠がこの畑の土の様子を見て、考えられたとのこと。
土の具合に応じて、対応するのですね。
畝の上の枯れた草の上に播いたあと、手で押さえて土にかぶるようにします。

三つ目は、トマトの苗の移植。
土を掘って、苗を横に傾けて土をかぶせます。
横に傾けることで、下の方の茎からも根が生え、
栄養吸収がよくなるとのこと。素晴らしい工夫です。
150511_153510

四つ目はニンジンの間引き。
条蒔きして発芽したニンジンの、
初めての間引きです。
混み合っている中から、
丈夫な苗を残していきます。

しゃがんだまま、ハサミを細かく入れていくのは、
結構忍耐の要る作業です。
私は何度も腰を伸ばして、
腰のだるさを緩めてやらなければなりませんでした。
上の写真は私が間引いたあとの様子。
下のは、師匠が間引いた様子。
ど素人とプロの差は歴然です。
150511_153447







150511_163215150511_163339

ささやき村農園
私がお世話になっている
師匠のお二人です。
ニンジンの間引きをしながら、
スナップ写真。
シンガーソングファーマーとして
自然農に打ち込みながら、
ライブ活動もされています。

数日前にご主人が足を
怪我されたとのことだったので、
鍼治療をさせていただきました。
怪我の周囲の血行を促し、
畑の作業による全身疲労と、
足腰や背中の凝りを緩めました。
2015_0512_205450-P1000810

帰りにトマトの苗を7本いただきました。
アロイトマトと
チャドウィックチェリートマトです。
しっかりした茎と葉の元気な苗です。
いただくことができて、めっちゃ嬉しいです。
台風が通過したので、
明日か明後日、畑に移植します。