太陽の光燦々と、自然農の実践 blog

2015年春から神戸市北区道場町生野の風キャビン農園で自然農を始めました

2015年05月

2015_0503_080906-P1000804

5月5日 火

5月3日(日)の作業を
遅ればせながら記します。
畑の北側のはみ出した土を切って、
畝にばらまきました。
これ、5m程あって、結構腰にこたえました。

2015_0503_083422-P1000805

かぼちゃの種降ろしする畝は
4m四方あるのですが、
結構でこぼこがあって、
あちこちから高さを確認しながら
高いところを削って
低い所に土を移動させました。
これって、結構きついねぇ !

2015_0503_084724-P1000806

畝全体に米ぬかを撒きました。







2015_0503_092955-P1000807

最後に草を畝全体に広げました。
これで畝立て完成で~す !!!
バンザ~イ !!!





2015_0503_093032-P1000808

上の写真を反対側から写しました。
畑の東側の畦が草伸び放題だったので、
最後にそれを刈って、
畝の上に広げました。
これが結構きつくて、
足腰がガタガタになってしまいました。
朝6時過ぎから9時半まで頑張りすぎたせいか、

帰宅後ぎっくり腰寸前で、そのあとダウンです。
畝立てが完成したのは嬉しいけれど、こんなに体にこたえるとは、、、
もっともっと体を鍛えなければなりません。
日本全国の農業を支えておられる皆さま、
その毎日のご苦労に改めて感謝いたします !

体を立て直して、
次は、いよいよ種降ろしです !

2015_0502_074056-P1000801

5月2日 土
朝5時半に畑に着きました。
畑に向かう途中で、
日の出を迎えるのは、
とても清々しい感じです。
思わず太陽に向かって
拝んでしまいます。

今日はかぼちゃの4m四方の畝の
でこぼこを平にしようと取り組みました。
今まで刈った草を山積みにいていたのを
全部端に寄せて、
高いところの土を低い所に移動させました。
全体的に東のほうが高く傾斜しています。
土手の畦と畝の間の溝にビニル袋入りの土が
盛られています。
これを全部取り除くと、
畦と土手が弱くなって崩れてしまいそうなので、
この部分の溝を切るのは、諦めました。
2015_0502_074132-P1000802

明日は畑の北側の土が
紐からはみ出ている部分を
削り、畝に戻します。
これが終わったら、米ぬかを播き、
全体に草を敷いて、
畝立ては全部完了です。
明日もがんばるぞ !

2015_0501_221254-P1000800

5月1日 金
先日野口のタネさんに発注した、
在来種のタネがやっと届きました。左から、
・沖縄島オクラ
・日向14号南瓜
・ワンダーグリーンベルト にら
・白もちとうもろこし
です。

この他に
・ジャガイモ
・サツマイモ
・エダマメ
のタネを降ろします。
5月4日(月)、5日(火)は雨のようなので、
6日(水)にタネ降ろしする予定です。

150501_081441

5月1日 金

今朝も 6時に風キャビン農園に着いて、
かぼちゃの 4m四方の畝の草刈りをしました。
明日はこの畝のでこぼこを整地します。

150501_081545

この区画の北側に土がこぼれ落ちているのを
シャベルで掘り起こし、畝に戻します。
あと2,3回がんばったら、
畝立てはやっと完成です。


150501_082440

4月22日にジャガイモの種イモの植え付けを
終えた畝に、
すでに雑草が立派に背を伸ばしています。
びっくりですね。
雑草のたくましさに目を奪われました。

野菜もこんなにたくましく育ってくれたら
いいのですが。
種も播かずに、
自分の力で野菜が野生の雑草のように、
勝手に育ってくれたらなあと、
一瞬思いました。
いやいや、そんな甘い話はない !
しっかり手をかけて、野菜を育てて
いかなければなりません。

ところで、雑草のたくましさに思いを馳せながら、
雑草は病気にかからないのだろうかと
疑問が湧きました。
今までそんなことは見たこと、聞いたことないよなあ。
一度ネットで調べてみましょう。

↑このページのトップヘ