太陽の光燦々と、自然農の実践 blog

2015年春から神戸市北区道場町生野の風キャビン農園で自然農を始めました

6月29日 月

最近昼からの日射がきつくなってきたので、
今日から朝9時半からの作業開始となりました。
この日は枝豆の苗の定植です。

この苗を定植する畑の土は粘土質がきつく、
なかなか思うように野菜が育たないそうです。
慣行農法なら、トラクターなどで土を切り返し、
堆肥などをすきこむことで簡単に土壌改良できるのでしょうが、
そうしてしまうと、上と下の土が入れ混じり、微生物などの
働きが落ちて、自然農の良さが失われることになってしまいます。

こちらのささやき村農園のお二人は、自然農の良さを確信して、
苦節6年、毎年枯れた草を表土に積らせ、
今年はトウモロコシを植え、土に1m以上深く根が張ることで
土の中深くまでの土壌改良が行き渡ることを狙っておられるそうです。
すさまじい忍耐と努力、工夫ですね !
自然農のど根性、ここにあり !
頭が下がります。

表土の上に積もった枯れ草や柔らかくなった土が、
1㎝ほどの厚みになっていました。
うーん、6年間でたった1㎝か!
いや、6年間で1㎝のいい土が、自然の力でできあがったのです。
ありがたいことです。
自然の力だけでいい土に育ちつつあります。

でも、なんでもっといい土質の畑を借りれないのかなぁ ?

単純な疑問ですが、考えてみれば、
いい土質の畑を農家の方が手放すはずがないですよね。
貸していただくとすれば、それより土質が落ちる畑になる。
これが現実なんだなあと、考え込んでしまいました。

いい野菜を作るには、まず土が命。
この畑の周辺の、他の農家の田畑の土も同じように粘土質なので、
いい土になるよう農家の方が長年あれこれ努力されているのですから、
やっといい土になった畑を手放すはずがありません。
貸してくださるとしたら、やはり少し土質が落ちる畑になるのでしょう。
それでも貸してくだされば、ありがたいことです。

穴を掘って苗の根部を差し込み、穴の周りの
この1㎝の土を削って穴を埋めます。
栄養たっぷりの土とともに、この篤い篤い思いを受けて、
枝豆よ、しっかり育ってください !



2015_0627_074514-P1010008

6月27日 土

美味しい、美味しい
枝豆になる
丹波の黒大豆の種播きを
しました。


この枝豆と一緒に飲む
ピールがたまらん !!!    喉が鳴ります !!!
今から収穫が楽しみです。
2015_0627_075120-P1010021

ミニトマトの実が
大きくなってきました。

小学校2年生の時、
下校途中に道端の畑で
真っ赤なトマトをいただいて、
頬張ったら、

その果汁がめっちゃ美味しかったのを今でも強烈に覚えています。
味が濃かったなあ !
あの味をもう一度味わいたいです !

2015_0624_055650-P1000994

6月23日 火

熊本の知り合いから
ヤ―コンの苗が届きました。
ありがたいことです。



ヤ―コンという名は以前聞いたことがあるのですが、
目で見るのも栽培するのも初めてです。

早速ヤ―コンのことを検索して調べてみました。
以下は、有限会社アイキ さんのサイトから引用させていただきました。

・アンデス高原原産のキク科の根菜。
・根の芋、葉に驚くほどの健康成分を含んでいる。
・葉の中には、緑茶を凌ぐほどのミネラル類をはじめ、
 新たな健康成分が発見されている。
・古代インカの頃より、葉は料理に活用され、
 お茶として飲まれていた。
2015_0627_074815-P1010016

翌日早速定植しました。
この写真はその3日後の写真です。
葉がすこし疲れています。
ても、根がしっかり定着したら、
きっと葉が生き生きしてくるでしょう。
どのように成長していくのか楽しみです。
根の芋、葉のお茶を味わってみましょう。
また新しい挑戦です !

2015_0622_180215-P1000986

6月22日 月

この日はささやき村の
師匠のご都合で
お手伝いはなかったのですが、
自然農の野菜をいただきに
伺いました。

左からのらぼう菜、かぶ、チシャ菜、ズッキーニ
上がインゲン豆
2015_0622_203811-P1000987

早速その夕食は、
・豚こまとかぶの塩炒め
・インゲン豆と豆腐のサラダ
です。




自然農の野菜からは、やっぱり気がしっかり詰まった感覚を得る
ことができます。
これがありがたい !
2015_0623_200105-P1000993

6月23日 火

のらぼう菜の肉巻き
のつもりが、
肉で巻けなくて、
のらぼう菜の肉炒め
たまにはこんな失敗もご愛敬 !

2015_0625_205953-P1010007

6月25日 木

のらぼう菜と明太子の
クリームパスタ

のらぼう菜と明太子の絡み合いが
最高です !

最近身体が軽く感じます。
仕事はいつも通りやっているのに、
前のような首や肩、腰の筋肉のだるさやコリが
少なくなっているのです。
あくまでも主観的な感覚ですが、
でも、身体が軽いのは確かです。

自然農の野菜を食べ続けていることで、
野菜に詰まった気と栄養価が
しっかり身体に充満してきたようです。
これはめっちゃありがたいことです。
もしかしたらこれで健康と若返りを
同時に実現することができるかも知れません !
食べることでこんなことが叶うなんて、
夢のようではありませんか !

おまけで、頭の薄毛が治ってくれたらなあ !


6月21日 日

風キャビン農園では、合鴨農法の米作りをしています。
私もいつかは田んぼを借りて自然農の米作りをしたいと思っているので、
まずは米作りをゼロから体験してみようと、
田んぼパークスの田植えに参加させていただきました。
2015_0601_061857-P1000895

5月31日 日
大勢の子供たちを含めて
総勢約200名もの人たちが集まり、
手植えを楽しみました。
ワイワイ、ガヤガヤ、
ひんやりした水の中、手の作業が進みます。
そのうち腰がだるくなってきました。

2015_0601_061805-P1000893

翌日の朝6時の田んぼ。
朝の田んぼは静かです。
稲の苗はしっかり立っています。





2015_0610_060620-P1000933

6月10日(水)の田んぼ。
すでに分けつが始まっていました。
ぐんぐん成長していますね。





2015_0621_105517-P1000959

6月21日 本日の苗。
田んぼパークスの指導員の方によると、
苗の成長は順調とのこと。
分けつがさらに進み、
3、4本植えしたのが6,7本に
増えていました。


2015_0621_105522-P1000960

だいぶ田んぼらしい
風景になってきましたね。






2015_0621_111930-P1000967

いよいよ合鴨のヒナを放します。
ヒナたちは生後3週間過ぎの35羽。
子どもたちの数が多かったので、
二人で1羽を放すことになりました。
ワイワイ、ガヤガヤ、
ガー、ガー、ガー、
何やら小学校のようです。

2015_0621_112220-P1000972

田んぼに放たれたヒナたちは、
早速水のなかをスイスイ泳ぎ回りました。
ヒナが、田んぼの水の中の虫を食べ、
糞を水の中に落として、それが肥料になる。
誠にうまく考えられたやり方です。
ヒナたちは、これから毎日田んぼに
放たれるそうです。


これからも田んぼの稲の生長を追っていきます。









↑このページのトップヘ